分类
通往 交易世界的捷径

SBI証券の入金方法全4種類を比較


名前:小心タロウ
ソシャレンと不動産クラファンで1千万円以上を投資中の小心者です。

SBI証券の入金方法全4種類を比較

© SBI VC Trade Co., Ltd.

暗号資産を利用する際の主な注意点
暗号資産は、日本円、ドルなどの「法定通貨」とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
暗号資産は、価格変動により損失が生じる可能性があります。
暗号資産は、移転記録の仕組みの破綻によりその価値が失われる可能性があります。
当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
暗号資産は支払いを受ける者の同意がある場合に限り、代価の支払いのために使用することができます。
当社の取り扱う暗号資産のお取引にあたっては、その他にも注意を要する点があります。お取引を始めるに際してはサービスごとの「サービス総合約款 」「暗号資産取引説明書(契約締結前交付書面)」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただきご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。
秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失う可能性があります。
PDF書面のご確認には、当社が推奨いたしますブラウザソフト、ならびにPDFファイル閲覧ソフトが必要となります。

手数料について
口座管理費、年会費、日本円の入金手数料、暗号資産の受取・送付(入出庫)手数料はかかりません。 詳しくは「手数料」をご確認ください。

商号等SBI VCトレード株式会社(暗号資産交換業者)
登録番号関東財務局長 第 00011 号
加入協会一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

上記に加え、暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行う場合の主な注意点
暗号資産関連店頭デリバティブ取引に関して顧客が支払うべき手数料 、報酬その他の対価の種類ごとの金額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要及び当該金額の合計額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要は、「レバレッジ手数料」に定める通りです。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引 を行うためには、あらかじめ日本円又は暗号資産(BTC、 ETH、XRP、LTC、BCH、LINK、DOT)で証拠金を預託頂く必要があります。預託する額又はその計算方法は、「証拠金について」をご確認ください。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金等の額を上回る損失が発生する場合があります。 当該取引の額の当該証拠金等の額に対する比率は、個人のお客様の場合で最大2倍、法人のお客様の場合は、一般社団法人日本暗号資産取引業協会が別に定める倍率(法人レバレッジ倍率)です。 SBI証券の入金方法全4種類を比較
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、元本を保証するものではなく、暗号資産の価格変動により損失が生じる場合があります。「暗号資産取引説明書(契約締結前交付書面)」等をよくお読みのうえ、リスク、仕組み、特徴について十分に理解いただき、ご納得されたうえでご自身の判断にて取引を行って頂きますようお願いいたします。

【画像付き】「ひふみ投信」から「ひふみプラス」への変更方法

「ひふみ投信」から「ひふみプラス」への変更方法のタイトル画像


名前:小心タロウ
ソシャレンと不動産クラファンで1千万円以上を投資中の小心者です。

2017年12月:普通預金の金利0.001%に見切りをつけ、銀行からの脱出を決意
2018年1月:投資の勉強を開始
2018年6月:投資家デビュー
2018年7月:初めての分配金ゲット
2018年10月:累計投資額1千万円突破
2018年12月:累計分配金10万円突破
2019年7月:累計分配金50万円突破
2020年8月:累計投資額5千万円突破
2020年11月:累計分配金100万円突破
2021年6月:累計投資額7千万円突破
2022年3月:累計投資額1億円突破

【最新版】SBI証券の評判は?口コミや取扱商品(つみたてNISA、iDeCoなど)を解説

2002年10月に株式投資を開始。サラリーマンとして働きながら投資を続け、2019年には元本の250万円を追加入金を一切せずに2億円まで増やすことに成功した。割安成長株への投資を強みとしており、含み損益を考慮しない年間の実損益ベースでは、2007年以外はずっと前年比プラスの成績を維持している。ハンドルネームにもなっている資産2億円は達成したため、現在は2029年までに5億円という目標を設定。 ブログ:サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。 Twitter:@2okutameo

2002年10月に株式投資を開始。サラリーマンとして働きながら投資を続け、2019年には元本の250万円を追加入金を一切せずに2億円まで増やすことに成功した。割安成長株への投資を強みとしており、含み損益を考慮しない年間の実損益ベースでは、2007年以外はずっと前年比プラスの成績を維持している。ハンドルネームにもなっている資産2億円は達成したため、現在は2029年までに5億円という目標を設定。 ブログ:サラリーマンが株式投資でセミリタイアを目指してみました。 Twitter:@2okutameo

SBI証券が人気の理由2. 圧倒的なIPO実績

SBI証券はIPOの取り扱いが豊富 で、2021年3月通期は 全IPOのうち、 約93%を取り扱い ました。

「IPO(Initial Public Offering)」は株式の新規上場を指します。IPOでは、証券会社が上場前に当該株式を顧客に販売しますが、人気が高く、多くは抽選が行われます。当選者は上場前に株式を購入でき、上場後に取引所で売買できます。

IPOの取り扱いは証券会社ごとに異なります。あまりIPOを取り扱わない証券会社の場合、抽選自体が少なく、チャンスは少ないでしょう。その点 SBI証券は他社と比較しても圧倒的な実績で、 当選のチャンスが高い といえるでしょう。

【SBI証券のIPO関与率 他社との比較(2021年3月通期)】

SBI証券の入金方法全4種類を比較 SBI証券の入金方法全4種類を比較
取扱数 関与率
SBI証券 80 93.0%
みずほ証券 58 67.4%
SMBC日興証券 47 54.7%
大和証券 44 51.2%
楽天証券 43 50.0%
野村證券 41 47.7%
マネックス証券 40 46.5%
岡三証券 32 37.2%

SBI証券が人気の理由3. 豊富な商品

SBI証券は 多種多様の商品 を取り扱っています。

  • 国内株式
  • 単元未満株(1株単位の取引)
  • 外国株式
  • ロボアドバイザー
  • 投資信託
  • SBI証券の入金方法全4種類を比較
  • 債券
  • FX
  • 先物・オプション
  • 金・銀・プラチナ など

豊富な選択肢を用意している 点も、SBI証券が選ばれる理由 の1つでしょう。

SBI証券が人気の理由4. サービスが充実している

SBI証券の魅力は商品だけではありません。よりお得に利用できる サービスも充実 しています。

例えば 「SBI証券Tポイントサービス」 では、株式手数料の1.1%相当のポイントが付与されます。さらに、 SBI証券の入金方法全4種類を比較 投資信託は 持っているだけで年率0.1~0.2%相当のTポイント がもらえます。 口座開設者は一律100ポイント進呈されるので、口座を開設するだけでもお得ですね。

また2021年6月には 「クレカ積立」 も始まりました。投資信託の積立金額をクレジットカード(三井住友カード)で決済できるサービスで、 積立額の 0.5~2.0%分のポイント を受け取れます。 投資信託の販売手数料はすべて無料ですから、ポイントがまるまるお得になる魅力的なサービスです。

SBI証券が人気の理由5. 使いやすい取引ツール

SBI証券はPC向けに 「HYPER SBI(ハイパーSBI)」 を、スマートフォン向けに 「SBI証券 株アプリ」 を提供しています。 どちらも高い機能を搭載しているため、取引をしっかりサポートしてくれるでしょう。

例えば「SBI証券 株アプリ」は、 銘柄探しの機能が充実 しています。チャート(株価推移を表したグラフ)の形で検索できる「チャート形状検索」や、脱炭素といったテーマで検索できる「テーマキラー!」などを利用できます。 多くの銘柄を知らなくても、簡単に投資候補を探し出せるでしょう。

SBI証券の米国株の買い方やおすすめ銘柄を解説!手数料・評判を他社と比較

SBI証券の米国株の買い方やおすすめ銘柄を解説!手数料・評判を他社と比較

【SBI証券】
米国株の取扱数が多く、“3大ネット証券”と呼ばれるにふさわしいラインナップになっている。クレジットカードで投資信託を購入するとポイントをもらうことが可能になったのも嬉しいところだ。住信SBIネット銀行と連携していて、「ハイブリッド預金」や外貨の入出金手数料無料などのサービスがスムーズで使いやすいのもプラス。外国通貨の買い付けが、銀行やFXを経由させることで割安になっているのもメリットだ。個人、法人問わずもっとも使いやすい証券会社の1つと言える。

【楽天証券】
「楽天カード」と連携させた投信購入ポイントサービスを展開し、大きくユーザーを増やすことに成功した。個人向けの金融サービスにおいては、いまでも大きな存在感を示している。楽天銀行との連携があり、こちらも使い勝手が良い。楽天グループということもあり、ユーザーインターフェースは最も初心者に優しいものになっている印象。同社が提供するトレードツール「MarketSpeed」では、日本株取引の画面から外国株取引の画面への切り替え動作が最小限で可能なのも便利。

【マネックス証券】
米国株投資の老舗で、取扱銘柄数に関しては長らく日本でトップレベルを維持している。また、注文方式の多様性など融通が利く面が多く、ベテラン投資家にとっても満足できるサービス内容が売りだ。トレードアプリで情報の取得がしやすく、使い勝手もいい。社員さんも株好きな人が多かったり、下部に非常に詳しい人多く、投資家にとっては頼もしい存在だ。コインチェックを買収したこともあり、今後、どのような方向で業容を拡大していくかについても興味深い。